Neutral

Fun to Custom

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■TATTOO...

はい、俺参上。今日の現場が明日に延びちゃった!良いのか悪いのか...

んで今日の話題TATTOO。増えたやね。まぁ回りのライダーにはまだ少ないんだけど。そんな俺はTATTOO大好きなんですが入ってません。理由は色々。昔は毎日のようにスタジオに遊びに行っては見学してたのよね。んでそういうとこに居ると見えてこなかったものが見えて来たりする。TATTOO入れる人間それぞれの想いとかね。こう見えて(?)絵を描いて食っていきたいなんて考えてたこともあって、それぞれのアーティストの想いなんかも現場に居ると伝わってくるのがたまらんかった。こういうもんは賛否両論あって当然なんだが、所謂“否定派”に講釈たれる気もない。ただ、『彫りたい』と思ってる人が居たらお目当てのスタジオに遊びに行って見学させてもらうと良いよ。考え纏まる。

最近では女の子も多くなったね。俺的には大賛成で大好きなんでオケ。ちなみに、俺の場合女の子が入れてると自分でもよく分からん特別な感情?みたいなんが沸いてくるのよ。男はそうでもないんだけどね。なんちゅーか“嫉妬”みたいなもんだろうか、そういうのに似てるけど嫉妬でも無いんだな。なかなか言葉では説明出来ないんだけど(笑)

よくありがちな議論なんだけど今の日本ではTATTOOに対しての理解はまだまだな訳で。だけど、それって必要か?理解が。TATTOOに限らず、なにか目新しい事や変わった事しようとするとき『世の中の状況がまだまだ整ってないから』なんて諦めるか?本当にしたいことって逆行があればあるほどちゃんと考えられる事ってない?弊害あってこそ、その中にある純粋な部分が見えてきて覚悟が決まると思うんだわ。

『一生背負っていく』

これって凄いことだよな。この先医療技術はどんどん進化していって、TATTOOなんて跡形もなく消せる時代は確実にやってくる。それでもきっとTATTOOは廃れない。歴史の長いものにはそれなりの理由がある。そこが見えればもっとTATTOOを好きになるかも...。そんな独り言でした。
スポンサーサイト

| Blog | 19:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>>○×△さん
コメントありがとうございます。和、洋に限らず彫りものというものの根本の理解というのは必要ですね。僕はいわゆる『TATTOOマニア』ではありません。だから海外の有名な彫師も知らないし、もちろん国内の方々も全然知りません。だから文中でも申しましたが、特に講釈たれることもしない訳です。

見せる人、見せたい人、見せない人、見せたくない人、魅せられた人、魅せるひと...

それぞれ自分の美学があって、中には間違いに気付いて方向転換する。これもまた美学の始まりでしょうか?(笑)思うに香水を付ける人の心理にも似てる気がします。香水は付けてるうちに『これは人に香りを伝えるものではない。自分が楽しむものだ』と気付いたりするように。

偉そうにレスしてますが、僕の思うところです。いつも訪問してくださってありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

| JIN | 2007/06/14 12:44 | URL |

いつも楽しく拝見しております。
一生背負う覚悟は必要、世間からの偏見もあります。
隠す和彫りはなおさらだとおもいます。私は見せる洋彫りよりも隠す美学みたいのが好きです

| ○×△ | 2007/06/14 12:29 | URL |














TRACKBACK URL

http://new30rider.blog95.fc2.com/tb.php/59-421468b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。