Neutral

Fun to Custom

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■BLACK HAWK DOWN

やぁ、おはよう、俺だよ。今日もチャリの話題は無かったりするんだ、ごめんよ(笑)そこで今日も好きな映画について語っちゃう。例の如く解説者のような丁寧かつ的確な内容ではないので期待しないで欲しい(ウハ)

【BLACK HAWK DOWN】だ。知らない人は下のトレーラーでも観てくれ。
詳しい内容や背景はWikipedia【ブラックホークダウン】を参照のこと。




2001年アメリカの作品。監督・製作にリドリースコット、ジェリーブラッカイマーという今をときめく2人が参加。実際にあった出来事だけにリアリティーを追求した映像技術が話題になったりしたね。何が凄いってRPG-7て携帯式ミサイル(?)が飛んでくる描写。めちゃめちゃ怖いよ!『こんなのが飛びかう戦場って俺には無理だな...』と素直に思えたりしちゃいます。あとね、最近じゃ日本でもよく見かけるようになったハマー。軍オタには『ハンビー』の方が馴染みあるよね。あれね、せめて軍車両のフロントガラスぐらい防弾にしてください。撃たれすぎ。ヒヤヒヤするからやめて。

この作品、米軍特殊部隊が活躍するってことで軍オタにも人気なんだけど、やっぱ世界各地にファンが居てYOUTUBEにも個人が編集したムービーがわんさかあります。で、もう一個貼ってみるのがミュージッククリップ。これはかっこいいよ。




本当はね、中で活躍するデルタフォースの話題でも語ろうかと思ったけど、俺の脳内だけでもスゲー長い文章になってるから割愛しとく(笑)なんてったって装備の話だけで脳内原稿用紙A4で5枚だから(笑)

とにかくこれもDVD手に入れるべき作品としてリストアップ。興味がある人はレンタルで借りてみてくださいな。戦争映画だけにグロい描写も多数出てくるからその辺覚悟してね。最後に特殊部隊繋がりでおもしろCM貼っておく。





ブラックホーク・ダウン ブラックホーク・ダウン
ジョシュ・ハートネット (2005/03/02)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

| MOVIE | 12:29 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/05/30 12:59 | |

>>isakiさん
コメントありがとうございます。そうですね、女性でこの映画が好きなんて人俺も初めてです(笑)

BHDについてはプロパガンダ映画だのなんだのって批評もありますし、wikiにも松ちゃんとか井筒がどうのこうのてのも載ってますがそんなのどうでもいいです(笑)あの映画を観て何かを感じた...それだけでいいんじゃないですかね。“アメリカ=正義”これてハリウッドじゃ仕方ない。ただ、なんだかんだと文句言うならこの映画の本題になった部分をしっかり勉強しろ!とは言いたい(笑)いちいち文句を言うやつに聞きたいのは
『じゃあお前の言う正義て何よ?』てこと。

歴史的背景や国、宗教、人種によって正義の定義はまちまち。これをふまえた大人ならどんな映画観ても理解できるはずですしね。

僕的には戦争の現実を見るには非常に良い映画だと思いますし、どこかイカれた感じがストライクな作品なんです。マクナイトなんて本当に『弾が避けて通る軍人』なんて言われてて退役した今でも非常に多くのファンが存在してて、彼が主催する大規模なサバイバルゲームイベントも本国で開催されるぐらいですしね。伝説の人です。

俺みたいにミリタリーが好きな人間にとってデルタフォースを忠実に書いた映画なんてこれぐらいですし(チャックノリスのはまぁ..ね?)

なんかまとまりませんが。大好きな映画であることは間違いないですな(笑)

| JIN | 2007/05/12 14:17 | URL |

最高の映画です!

初めまして。自称ブッラクホーク、マニアこと、isakiです。w
女性でこの映画を好きという方には、とんとお目にかかったことはありませんが、
私は大好きな作品のひとつです。映画館へも4度、足を運びました。
そのくらい魅せられ、堪能させられた映画です。
戦争映画なんで趣味が悪いと言われそうですが、
今思えば、りドリー(スコット)の描く雰囲気というか世界観に浸れることが快感だったと思うのです。モロッコ(作中ではソマリア)のイスラムテイストであったり、実際に使用しているアメリカ軍仕様のものや、感動的なセリフが1つもないドキュメンタリーちっくな流れだったり、選曲の妙とか、全てにおいてシビレました。恐らくこういう感覚の映画は、邦画では味わえないものかと思います。たくさんの犠牲者(特にソマリア人)を出しておきながらアメリカ兵の同士愛みたいなものを描いていることについては、見る側がしっかりと“これは間違っている”と思えば、罪にはならないと思うのですが、単純にそういい切れないところが痛いですね。それでも大好きな映画であることには違いないです。私はやはり変わってるかもしrてません。wぜひ、感想を教えてくださいませ。

| isaki | 2007/05/12 12:41 | URL | ≫ EDIT

>>兄貴
かなりお薦めすよ!是非観てくださいよ~

| JIN | 2007/05/11 13:20 | URL |

あーこれ

前にみよーとして見逃したヤツだ!!!


兄弟オススメなん?じゃTSUTAYAに行こうっと♪

| 兄 | 2007/05/11 12:51 | URL |














TRACKBACK URL

http://new30rider.blog95.fc2.com/tb.php/24-b932bfbe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。