Neutral

Fun to Custom

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■ナイフ@Beginners vol.2

ジャンボ!俺だよ。しっかし暑いね~。通勤だけで汗ダクだよ。いったい何枚着替え持ち歩きゃいいんだよ...orz

んじゃ気を取り直して昨日の続きの記事いってみよう!


minisocom.jpg左画像の黄色矢印部分に突起が見えますね。これが所謂『ライナーロックのロック』ナイフの背側にあります。

ただ最初に言っておきますがこの機構、かなりマイナーだと思います(笑)だったら紹介すんなって話?知るか。俺のナイフにゃ付いてるんだ。なにより二重の安心は二重の安全。タン○ンしてナプ○ンすようなもんだと思ってくれ(笑)

minisocom.jpgこれを画像のように下げます。感触はとくに無く、スッと動きます。

これの位置としてはナイフを握ったとき、ちょうど親指のところにくるので『上げてあるロックを下げる』という仕様より『下げてあるロックを上げる』という、逆の仕様の方がより安全ではないかと思ったりもしますがね。無いよりマシってことで(笑)


ウハ!今見たら上げるロックだた(笑)すんげー間違いスマン!

で、3枚目の画像を見てみましょう。

minisocom.jpg黄色矢印部分に何か出てきましたね。これがロックです。先日の画像を見てもらえれば分かりますが、ライナーロックは横移動の機構です。ナイフの刃を出した時、押さえつけられていた板バネがつっかえ棒として入り込む。だけど場面によってはナイフを強く握り込んで作業をするとき、このつっかえ棒に触れてしまいロックが解除されることもありえる。そういう不意の事態への保険みたいなもんなんですね、コレは。特にあまり刃物の扱いに馴れていない人に貸したりする場合は有効ですね。刃物に馴れてない人は極度に緊張するため使い終わるとその緊張の糸が切れ易く、たたむ際に怪我をするなんてことがままあります。

ま、本来なら刃物に馴れてない人に刃物持たせること事態避けるべきですが、自分の息子に刃物の扱いを教えたいお父さんなんかは良いんではないでしょうかね。



そんな訳で他にもいろんなロック形式が存在します。ま、俺自身ナイフコレクターではないんでそんなに数持ってないから紹介出来る事も少ないんだけどね(笑)新しいロック機構を持ったナイフとか手に入ればまた書きますです。ではまた次回!
スポンサーサイト

| KNIFE | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://new30rider.blog95.fc2.com/tb.php/20-d3ad4bc0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。